Print | Rate this content

HP ProLiantサーバー - iLO3とiLO2の違いについて知りたい

対象条件

  • 機種
    • HP ProLiantサーバー
  • オプション
    • Integrated Lights-Out 2 (iLO2)
    • Integrated Lights-Out 3 (iLO3)

解説

ここでは、HP ProLiantサーバーに搭載されるIntegrated Lights-Out 3 (iLO3) とIntegrated Lights-Out 2 (iLO2) の違いについてご説明します。

機能の違いについて

iLO 3 と iLO 2 の主な機能の違いは以下のとおりです。

iLO Standard 版での違い

機能
iLO 3
iLO 2
テキスト コンソール
プリOS
プリ OS および OS
リモート シリアル コンソール(仮想シリアル ポート)
プリ OS および OS
プリ OS および OS
サーバー ヘルスの監視およびメンテナンス
あり
なし

iLO Advanced 版での違い

機能
iLO 3
iLO 2
テキスト コンソール
プリ OS および OS
プリ OS および OS
リモート コンソール
あり(仮想 KVM)
あり
統合リモート コンソール
あり
あり
Microsoft JVM のサポート
なし
なし
リモート コンソール [取得] ボタン
あり
あり
ターミナル サービスの統合
1.0 ではなし
あり
HP スキーマ ディレクトリ統合
あり
あり
スキーマフリー ディレクトリ統合
あり
あり
Two-Factor 認証
なし
あり
パワー レギュレーター レポート
あり
あり
仮想ディスケットおよびCD/DVD-ROM
あり
あり
USB キー仮想メディア
あり
あり
仮想フォルダー
あり
あり

iLO 3で廃止された機能

iLO 3で搭載されなくなったiLO 2で搭載された機能は以下の通りです。

  • Telnet インターフェイス
    (複数の SSH セッションを使用できます)

  • ターミナル サービス パススルー
    (iLO 3 の内蔵リモート コンソールのパフォーマンスと 一連の機能によりこのサービスが不要になります)
  • 仮想シリアル ポート用のアプレット
    (仮想シリアル ポートは引きつづき SSH を通じて使 用できます)
  • 仮想メディア用のスタンドアロン アプレット
    (仮想メディア機能は Java 内蔵リモート コ ンソールおよび Windows 内蔵リモート コンソールに含まれています)
  • リモート コンソール ホット キー
    (内蔵リモート コンソール アプリケーションは実際の キーボードのような機能をサポートします)

  • c-Class BladeSystem ウィザード
    (BladeSystem ウィザードのサポートは BladeSystem Onboard Administrator によって提供されるようになりました)

iLO 3で搭載された機能

iLO 3 v 1.00 の新機能は、以下のとおりです。

  • 向上したパフォーマンス
    • リモート コンソールのパフォーマンスが 8 倍に向上しており、非常に優れたリモート管理パフォーマンスを実現
    • 仮想メディアのパフォーマンスが 3 倍に向上しており、優れたパフォーマンスのリモートデプロイメントおよび更新を実現
    • 優れたパフォーマンスの Microsoft Windows 内蔵リモート コンソール
    • フル機能の Java 内蔵リモート コンソール
    • 250MHz の iLO 3 プロセッサー
    • 128MB の ECC DDR iLO 3 メモリ
  • 洗練されたインターフェイス
    • JSON テクノロジーを使用した Web 2.0 インターフェイス
    • リモート コンソール直接アクセスにより、クリティカルなシステムへの iLO 3 の迅速なアクセスを実現
  • 拡張された規格のサポート
    • IPMI 2.0 over LAN/DCMI のサポートにより、多数のサーバーが配備された環境でのサーバーの操作を簡素化
    • ハードウェア AES 暗号化により、パフォーマンスを低下させずに非常に強力なセキュリティを提供
    • SNTP(Simple Network Time Protocol)のサポート
      • ユーザーおよびスクリプティング インターフェイスが改善され、簡素化
      • タイムゾーン オープン ソース データにより、タイムゾーン設定の選択方法を簡素化

iLO 3 v 1.05の新機能は、以下のとおりです。

  • 拡張された規格のサポート
    • HP SIMサポート
      • シングル サインオン(SSO)をサポート
      • SSHマルチコマンド/セッションをサポート
    • SSHサポート
      • 5つの同時セッションをサポート
      • キーベースの認証をサポート
    • HTTPSスクリプト実行可能VMをサポート
    • バージョン情報機能
      • ログイン ページにiLOバージョン番号を表示
    • iLO 3内部ウォッチドッグをサポート
    • SIMおよびICpm(旧IPM)をサポート
    • ユーティリティ レディブレード
      • サーバーの電源投入時間を累算するパワー オン タイム(POT)機能
    • SSHキーのインポートをサポート
    • イベント ログ メッセージの提供により、エンクロージャーの通信エラーを識別
    • 日本語キーボード レイアウトのキーボード操作を改善

iLO 3 v 1.20の新機能は、以下のとおりです。

  • Kerberos サポート
    • Kerberos は、秘密鍵暗号方式によって強力な認証を実現するネットワーク認証プロトコルです。Kerberos は、iLO 3 の Two-Factor 認証セキュリティを提供します。
  • 機能拡張された LOMIG ユーティリティ
    • LOMIG ユーティリティは、iLO 3 環境で Kerberos を設定するために機能拡張されたWindows ベースの移行設定ツールです。
  • 言語パック
    • 英語とユーザーが希望する言語との間で iLO 3 GUI の表示言語を容易に切り替えることができるように、言語パックが提供されています。 iLO 3 v1.20 のリリース時には、最初の言語パックとして日本語の言語パックが用意されました。今後のリリースで他の言語も追加される予定です。

  • One Voice ユーザー インターフェイス準拠
    • HP One Voice UI により、ユーザーにとっての UI のルック & フィールが向上すると同時に、一貫性と利便性を実現しています。
  • Windows カーネル デバッガー
    • Windows カーネル デバッガー(windbg)を iLO3 仮想シリアル ポート経由で使用して、問題の発生時に容易にデバッグできます。

iLO 3 v 1.25の新機能は、以下のとおりです。

  • Microsoft Internet Explorer バージョン 7、8、9 のサポート
    • iLO 3 ファームウェアは最新バージョンの Internet Explorer (IE7、IE 8、IE 9)をサポートしています。Microsoft Internet Explorer 6 は、サポートされなくなりました。
  • 電圧低下のサポート
    • iLO 3 ファームウェアは、電源の電圧低下を検出し、最小の中断で電圧低下から復旧する機能を備えています。
  • SSL 証明書のカスタマイズ
    • iLO 3 ファームウェアでは SSL 証明書をカスタマイズでき、セキュリティが向上します。

これ以外にも、将来のiLO 3 ファームウェアで新しい機能が実装される予定です。各ファームウェア バージョンの新機能は次のリンク先をご確認ください。

» Integrated Lights-Out 3 マニュアル (マニュアルライブラリ)

その他よくあるご質問

iLO3またはiLO2が搭載されている機種について知りたい
次のリンク先の「Supported Servers」のタブからご確認いただけます。
2011年11月現時点では、次のサーバーがサポートされています。
iLO3搭載
iLO2搭載
DL300/500/700/900 サーバー G7世代
DL120 G7
ML300/500 サーバー G7世代
ML110 G7
BLサーバー G7世代
SLサーバー G7世代
DL300/500/700/900 サーバー G6世代
ML300/500 サーバー G6世代
BLサーバー G6世代
G5以前のサーバーは、次のリンク先をご確認ください。
iLO2搭載サーバーを購入しています。iLO3に交換することは可能ですか?
マネジメントプロセッサーは、サーバーのマザーボードに内蔵されているため、取り換えはできません。

文書情報

Q&A番号:IAQA000773

最終更新日:2011/11/18

Legal Disclaimer: Products sold prior to the November 1, 2015 separation of Hewlett-Packard Company into Hewlett Packard Enterprise Company and HP Inc. may have older product names and model numbers that differ from current models.

Provide feedback

Please rate the information on this page to help us improve our content. Thank you!
Document title: HP ProLiantサーバー - iLO3とiLO2の違いについて知りたい
Document ID: emr_na-c03099730-3
How helpful was this document?
How can we improve this document?
Note: Only English language comments can be accepted at this time.
Please wait while we process your request.