Print | Rate this content

HP ProLiant サーバー Gen8 シリーズ - Intelligent Provisioning リカバリメディアを適用する方法

解説

ここでは、HP ProLiant サーバー Gen8 シリーズ からの新機能 「HP Intelligent Provisioning」 のバージョンアップ (またはリカバリ) の方法を解説致します。

Intelligent Provisioning は従来 SmartStart CD や FIrmware Maintenance DVD で提供されていた機能やファームウェア、ユーティリティ、ドライバーなどの更新ツールを iLO に予め実装して提供する対話型形式の新しい機能です。

Intelligent Provisioning は POST 画面時に [F10] キーを押すだけですぐにスタートすることができ、サーバーのセットアップや OS などのインストールを簡単に行うことができます。さらにファームウェアの更新、アレイ (RAID) の構成や管理、変更、リモート管理機能の初期設定といったメンテナンスも、迅速かつ容易に行うことができます。

NOTE: ファームウェア (システムROM) とIntelligent Provisioningは異なります。ファームウェアのアップデートが必要な場合は以下の情報をご参照ください。

» ProLiant サーバー Gen8 シリーズ - Intelligent Provisioning でのファームウェアアップデート方法

Intelligent Provisioning の詳細な機能については、以下のリンクを参照してください。

» HP Intelligent Provisioning ユーザーガイド

対象条件
» このコンテンツの対象条件 (対象機種、対象 OS など) については、こちらをご覧ください。

操作手順

Intelligent Provisioning のバージョンアップ (またはリカバリ) の方法は以下の手順で行います。

ここでの操作は例として、ProLiant DL380p Gen8 を用いて説明を行います。

リカバリメディアをダウンロードする方法

  1. 以下の HP ProLiant サーバー製品ページの中段にある製品情報からバージョンアップ (またはリカバリ) を行いたい製品を選択した後、表示された「製品概要」 画面右上にある「サポート&ドライバー」のリンクをクリックします。

    » HP ProLiant サーバー

  2. リンク先にて表示されたモデルの一覧から該当する製品を選択します。ここでは例として、「HP ProLiantサーバー DL380p Gen8」 を選択します。

  3. 次に、表示されたサポート画面から 「この製品で利用可能なすべてのドライバー、ソフトウェア、ファームウェアを表示してダウンロードします。 」 を選択します。

  4. ダウンロード画面に進むと、改めてモデルを選択する画面が表示されます。ここでは 「HP ProLiant DL380p Gen8サーバー」 を選択します。

  5. オペレーティングシステムの一覧が表示されますので、サーバーにインストールしている OS を選択します。ここでは例として、「Microsoft Windows Server 2008 R2」 を選択します。

  6. ダウンロードインデックスの一覧から 「ソフトウェア - CD-ROM」 をクリックし、[説明] の一覧から 「HP Intelligent Provisioningリカバリメディア」 名称をクリックするか [ダウンロード] ボタンをクリックして、ソフトウェアをデスクトップ等の任意の場所にダウンロードします。

  7. ダウンロードしたISOイメージは、DVD-Rなどの記録メディアに書き込むためのソフトウェアを使用してDVD メディアを作成するか、USBメモリにHP USB Key Utility を使用して ISOイメージファイルをコピーし、起動可能なリカバリメディアを作成してください。

    USB Key を作成する場合は以下のリンク先をご参照下さい。

    » HP ProLiant サーバー - USB Key Utility for Windows のインストール方法

  8. ダウンロードしたISOイメージを展開すると、以下のようなファイルが作成されます。

ダウンロードしたイメージをアップデートする方法

  1. ダウンロードして作成した 「Intelligent Provisioning リカバリメディア」 をバージョンアップ(またはリカバリ) したいサーバーに挿入した状態で起動します。

  2. しばらくすると Intelligent Provisioning のインストーラー画面が起動しますので「Automatic HP Intelligent Provisioning recovery media」 を選択します。

  3. リカバリメディアのインストールが開始されますので、完了するまでしばらくお待ち下さい。

  4. インストールが完了すると Intelligent Provisioning の初期設定を開始する画面が表示されます。

    NOTE: 最初は英語の画面ですが、[Interface Language] を "Japanese" に変更することで画面表示を日本語にすることができます。
  5. 最初に、[ステップ 1 環境の設定] 画面が表示されますので、使用言語を選択し、使用許諾契約書を一読して頂き『エンドユーザー使用許諾契約書(EULA)に同意』にチェックを入れた上で、その他必要項目を入力して下さい。 設定が終わりましたら画面右下に表示されている青い右矢印をクリックします。

  6. 次に、[ステップ 2 Activation] 画面が表示されます。この画面で Intelligent Provisioning 機能を “有効”、もしくは “無効” に設定することができます。

    Intelligent Provisioning 機能を引き続き “有効” にして使用するには 「アクティベーション (推奨)」 を、“無効” にして使用しない場合は 「無効にする (非推奨)」 を選択して下さい。

    NOTE: Intelligent Provisioning 機能は常に “有効” にしてお使い頂くことを推奨していますが、セキュリティ上の問題やご利用環境の都合で “無効” にして頂くことが可能です。

    “有効”、もしくは “無効” を選択したら、画面右下に表示されている青い右矢印 (カーソルを矢印に合わせることで「CONTINUE」と表示されます) をクリックします。

    Intelligent Provisioning の初期設定が完了し、自動的にサーバーが再起動します。

    NOTE: [ステップ 2 Activation] の画面は製品の購入時、または Intelligent Provisioning のバージョンアップ (またはリカバリ) の初期設定時にしか表示されません。

    この為、設定を後で変更したい場合は以下のリンク先をご参照ください。

    » HP ProLiant サーバー Gen8 シリーズ - Intelligent Provisioning を有効/無効に設定する方法について

  7. アップデートした Intelligent Provisioning のバージョン を確認する為に、サーバー起動時に [F10] キーを押して Intelligent Provisioning を起動し、画面右上に4つ並んでいるマークのうちのシステム情報ボタンをクリックして下さい。

    次に、画面中央に表示されたシステム情報の内、 Intelligent Provisioning のバージョンを確認し、バージョンアップが正常に完了したことを確認して下さい。

以上で操作は完了です。

対象条件

  • 対象機種

    • HP ProLiant BL サーバー シリーズ
      BL420c Gen8, BL460c Gen8, BL465c Gen8, BL660c Gen8

    • HP ProLiant DL サーバー シリーズ
      DL160 Gen8, DL320e Gen8, DL360e Gen8, DL360p Gen8, DL380e Gen8, DL380p Gen8, DL385p Gen8, DL560 Gen8

    • HP ProLiant ML サーバー シリーズ
      ML310e Gen8, ML350e Gen8, ML350p Gen8

    • HP ProLiant SL サーバー シリーズ
      SL230s Gen8, SL250s Gen8

  • ツール

    • Intelligent Provisioning

» 解説に戻る

関連情報

Intelligent Provisioning に伴う、その他のことは以下のリンク先をご参照下さい。
» HP ProLiant サーバー Gen8 シリーズ - Intelligent Provisioning の設定項目について

» ProLiant サーバー Gen8 シリーズ - Intelligent Provisioning でのファームウェアアップデート方法

» HP ProLiant サーバー Gen8 シリーズ - Windows Server 2008 R2を自動インストールする方法

日本HPでは当 FAQ 以外にも様々な FAQ コンテンツをご用意しておりますので是非、不明点や疑問点の解決にお役立て下さい。
» HP ProLiant、HP StorageWorks、HP BladeSystem - よくある質問一覧 (FAQ)

文書情報

Q&A 番号:IAQA001016
最終更新日 : 2012/07/27

Legal Disclaimer: Products sold prior to the November 1, 2015 separation of Hewlett-Packard Company into Hewlett Packard Enterprise Company and HP Inc. may have older product names and model numbers that differ from current models.

Provide feedback

Please rate the information on this page to help us improve our content. Thank you!
Document title: HP ProLiant サーバー Gen8 シリーズ - Intelligent Provisioning リカバリメディアを適用する方法
Document ID: emr_na-c03434542-5
How helpful was this document?
How can we improve this document?
Note: Only English language comments can be accepted at this time.
Please wait while we process your request.